HOME > Service > 特色

デマンドコントロール(デマコン)とは

(価格 30万円~100万円以下 対象面積には無関係)

Maximum Demand Controlの略。
需要家(消費者)側から見れば、最大の需要(消費)電力を制限することと訳したほうが分かり易く、本来は、電力会社側から需要家の使用を契約上制御するという意かと思います。が、往々にして、その制限値を超えて使用していたため、需要家は、契約上のペナルティーを電力会社へ支払っていました。その制限値とは、年間どこか1回の30分の最大需要電力であり、その最大需要電力により基本料が設定されているため、制限値を超えないように警報を発し、自動または手動で電力消費機器をスイッチオフすることにより

①ペナルティーの支払いを押さえることができます。そして、年一回の30分だけが対象なら、簡便な「見える化」機器で、安価に計測するだけで、最大時は特定され、30分という短い期間であるがゆえに、電力消費機器構成を見れば専門知識がなくとも制限値を下げる方法は、おのずと見いだされ、

②基本料金を下げることができます。

これらの安価なデマコン機器により得られる二つの節約は、固定的な契約形態の最適化でしかなく、刻々と変化する環境(需要)と最低必要電力量(供給)で均衡する本来のエネルギーの最適化ではありません。前年度の電力消費量と比較しても、変化する経営環境を考慮しなければ意味がありません。前年度は入場客数が少なく、今年度は入場客数が増えれば、エネルギー総量を比較しても意味がなく、客単価でエネルギー消費量の増減を比較することが肝要と考えます。

BEMSとは

(価格 20 百万円以上+BEMS管理者。  8000m2~ )

Building Energy Management Systemの略。
デマコンが電力だけを測定対象としているに対し、ガス、水道、重油などの熱源すべてを対象とし、単なる警報を発するだけでなく、複数の熱源を複数の固定設定を選んで自動制御しています。現状BEMSではできていない固定設定値を可変し、今以上に最適化してくには、優秀なBEMSエンジニアの常駐と昼夜を問わない試行錯誤による解析が必要です。

人工知能R03とは

(価格 2百万以上  対象面積 150m2~

{1分x24時間x365日x複数年}/建物1棟を、複数の建物環境で比較し、固定設定値を可変し検証していくことは、一人のBEMS技術者では不可能です。複数の相関関係をシュミレーションで確認することは、費用対効果では意味がなく、実際に試してみることが重要と考えます。

複数物件の立地や業態の条件とデータを得て、新たな制御方法を試した結果を比較検討し、予想と異なる結果を得た原因を地道に探ることが更なる最適化の道です。
一方で、BEMSのデータ集積は、近年まで一定期間が過ぎると新たなデータの上書きにより消去されてきました。

弊社は、複数の業態にわたり、1分毎の膨大なデータを東京大学生産研究所とともに、8年以上にわたり大切に蓄積して参りました。暑い夏もあれば寒い夏もあり、景気の良い年もあれば悪い年もあるなど、シュミレーションや加速試験で再現し、把握することは困難です。また、立地条件、躯体設計、営業形態の異なる建物の"個性"を他の建物へ押し付けるようなことも意味がありません。

人工知能R03は、長年のデータ蓄積から事業内容にまで及ぶ相関関係を見出し、その相関性を遺伝的アルゴリズムに落とし込み、可変する環境に合わせて熱源制御設定値を可変させることをプログラミングしたものです。

より微細な環境変化の把握による熱源の制御方法とその結果を検証することにが、詳細な相関関係を導きだし、弊社技術者の実践知能力を向上させてきました。また、建物の個性を理解することで、大規模改修の大幅な投資削減を達成しています。

長年にわたるデータ蓄積に裏付けされた高い分析能力と独自開発のアルゴリズムによってもたらされたエネルギーマネイジメントシステムのコストダウンが、弊社の圧倒的な優位性だと考えています。